膝痛について

膝は人間の体重を支えているために大きな負担がかかります。
特にスポーツ選手や骨、筋肉の衰えたお年寄りがいためやすい場所です。

原因疾患として、変形性膝関節症、慢性関節リウマチ、痛風性関節炎
化膿性関節炎、半月版損傷、靭帯損傷、膝蓋軟骨軟化症、悪性腫瘍などさまざまなものがあげられます


知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 膝痛

注意が必要な膝痛

スポーツなどで痛めた後、関節の激しい痛み、腫れ、
膝の曲げ伸ばしができない、引っかかるなどの症状があるとき
→半月板や靭帯損傷

明らかな発熱、熱感、痛みがある
→化膿性関節炎

膝関節以外のところまで腫れている
→静脈炎、腫瘍


知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 膝痛

変形性膝関節症

膝痛の70%がこの変形性膝関節症といわれています。

中年以降(50〜60歳代)の女性に多く、肥満している人はそうでない人の
3〜4倍多いといわれています。

動作のはじめに痛み、長い時間歩いたり、階段の上り下りで痛みが増します
ひどくなると正座ができなくなったり、関節に水が溜まったり、関節の変形が起こります

日本人はO脚の人が多く内側に痛みを感じることが多いです。



知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 膝痛

大腿四頭筋について

膝痛が慢性化してくると太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が衰えてきます。
逆に大腿四頭筋の衰えから膝痛が発症することもあります。

膝と大腿四頭筋は切っても切れない縁で結ばれているので
膝痛をよくするためには、大腿四頭筋の筋力アップが不可欠です。


知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 膝痛

大腿四頭筋の鍛え方

運動療法の基本は長く続けること。痛みがあるときには無理をしないことが大切です。

・いすに腰掛けて、膝をゆっくり伸ばして行きます。伸びきったところで少し止めます。
 ゆっくりおろします。

・筋力がある人は足首に1キロくらいの重りを付けると良いでしょう

・膝を動かすと痛い人は、足を伸ばして床に座ります。
 膝の下にタオルをたたんで入れます。タオルを押しつぶすように力を入れて行きます。


知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 膝痛

膝痛のマッサージ

膝痛のある人は膝の裏側が硬くなっていることが多いです。
膝を立てて膝の裏に親指を当て、ゆっくりと押します。

膝の周りを円を描くようにやさしくマッサージします。

足の付け根(股関節)に手のひらを当て手のひら全体でゆっくり押します。

押し方の基本は
ゆっくり押す。気持ちのいいところで3秒くらいそのまま。ゆっくり離す。

知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 膝痛

膝のツボ

膝の周りのツボです
 血海:膝蓋骨の上、内側の角から上に指3本上がったところ

 梁丘:膝蓋骨の上、外側の角から上に指3本上がったところ

 足三里:膝のお皿のすぐ外のくぼみから指4本下がったところで、すねの縁

 陰陵泉:すねの内側の骨をさすり上げていってとまるところ

足にあるツボです
 三陰交:内くるぶしの上指4本分
  膝周辺の血行をよくします

 失眠:足の裏でかかとから3センチ入ったところ
  膝に水が溜まっているときに水分の排出を促すツボです

これらのツボはお灸がおすすめです。




 

知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 膝痛
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。