肩こりメニュー

肩こりとは:肩こりって?

肩こりの原因:肩こりにもいろいろな原因があるんです

注意が必要な肩こり:怖い病気が隠れていることがあります

肩こりの悪循環

悪循環のサイクル:どんどんひどくなるわけは?

悪循環を断ち切る:もとから断たなきゃダメ

断ち切る方法:こんなことをして見ましょう
 

肩こりby東洋医学

肩こりのつぼ

セルフマッサージ


*下スクロールでもご覧になれます。
肩こりにおすすめの本

知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 肩こり

肩こりとは

筋肉の過緊張や過労により筋肉内に老廃物がたまったり、血管が収縮して血液の流れが悪くなって、肩上部や肩甲間部に重い感じやこった感じ、痛みなどが出た状態を言います。



知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 肩こり

肩こりの原因

肩こりはいろいろな原因で現れることがあります。
たかが肩こり、されど肩こり。
次のページで注意が必要なものをあげておきますので見てくださいね。

不良姿勢
筋肉疲労:使いすぎ
頚椎性疾患:ムチウチ、胸郭出口症候群
循環器系疾患:高血圧、心臓疾患
消化器系疾患:肝臓、胆のう、すい臓、胃、慢性便秘、下痢
精神化疾患:ノイローゼ、うつ病、自律神経失調症
眼科疾患:視力障害
歯科:虫歯、顎関節症
婦人科:更年期障害



知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 肩こり

注意が必要な肩こり

肩こりにも怖い病気が隠れていることがあります。
下のような症状があって、なかなか改善しないときや原因が思い当たらないのにしつこい肩こりが続くような場合には一度医師の受診をおすすめします。

・朝起きたときに首の後ろがこる→高血圧
・左胸から左腕までのしつこいコリ→心臓疾患
・食事の後にコリ感が増す→右肩:肝臓、胆のう。
             左肩:すい臓、胃。
・やる気がおきない、朝起きられない、不安な感じが付きまとう→うつ病、ノイローゼ、自律神経失調症など
・視界の中に見えにくい部分がある→緑内障、黄斑部変性
・肩から背中、下腹部へと移動する痛み→盲腸



知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 肩こり

肩こりの悪循環

悪循環.jpg
便宜上A〜Dとしましたが必ずしもAから始まるというわけではありません。
たとえば筋肉の使いすぎによりCから始まったとします。

C:筋肉の使いすぎにより、筋肉内に乳酸などの老廃物がたまる。
           ↓
D:老廃物が刺激となって炎症や痛みが出る(筋肉痛)
           ↓
A:痛いので動かしたくない
           ↓
B:動かさないので血流が悪くなる
           ↓
C:血流が悪くなるので老廃物が流れていかない 
           :
           :

そうしてこの悪循環サイクルにはまってしまい、肩こりがひどくなっていくのです。

図の@〜Cは次のページで解説します





知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 11:23 | 肩こり

肩こりの悪循環を断ち切るには

前のページでは悪循環のサイクルを書きました。
ではそのサイクルを断ち切るにはどうしたらいいでしょう。
また図を出して説明しますね。
悪循環.jpg

@〜Cの数字があります。これはどこで切ってもいいのです。
その方法は
@:緊張を解きほぐす
A:血行をよくする
B:老廃物を流す
C:痛みを止める

次はその方法を詳しく書いていきます。



知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 12:19 | 肩こり

肩こりを断ち切る方法

たとえばこんなこと

お風呂に入る
 ぬるめのお風呂にゆっくり浸かることでリラックスして@緊張が解きほぐされる
 温まることでA血行がよくなる
 汗が出ることでB老廃物を流す
 (入浴前と入浴中にコップ1杯の水を飲むことで効力アップ)

ストレッチをする
 ゆっくり筋肉を伸ばすことで@筋緊張を解きほぐし
 筋肉が動くことでA血行がよくなる

マッサージ
 筋肉やツボを刺激しリラックスすることで@筋緊張を解きほぐしA血行がよくなる
 マッサージによりB老廃物を流す
 圧刺激によりC痛みを和らげる

湿布
 薬剤の作用によりC炎症を鎮める
 貼ってあるという皮膚刺激によりC痛みを和らげる


 筋膜の刺激により@筋緊張を解きほぐす
 鍼を刺すという行為によりA反射的に血行がよくなる



知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 15:35 | 肩こり

肩こりby東洋医学

東洋医学では肩こりは項背痛、けん癖(けんぺき)、肩痛と言っていたようです。
けん癖とは肩甲骨の内側のコリを言います。

原因は
風寒:風邪(ふうじゃ)、寒邪(かんじゃ)によるもの→寒さによる肩こり
気滞:気の流れが滞り身体の隅々まで回らないために起こるもの
於血:血流が悪く老廃物が溜まっている状態
* おけつ・おの字はやまいだれに於
肝血虚:血が足りなくて栄養できない



知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 肩こり

肩こりでよく使うつぼ

肩こりでよく使うつぼを挙げておきます。
押してもらうときは気持ちのいい強さで!
よく硬い棒でグリグリ押す人がいますが、炎症を起こしたりするのでおすすめしません。
あくまでも気持ちのいい強さでね。
市販のせんねん灸をするのもいいですね。

天柱:ぼんのくぼから外側に向かって指を滑らせると太い筋があります。
   その筋の上で押すと響くところ

風池:天柱より外側。耳の後ろの骨とぼんのくぼのまん中あたり

肩井:肩の中央。脇を締めて肘を体につけ、同じ側の手の中指があたるところ

膏肓:肩甲骨の内側

膈兪:肩甲骨の下の角の高さで背骨から指2本分外側

曲池:肘を曲げたときに出来るしわの先端



知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 肩こり

肩こりのセルフマッサージ

オフィスで、テレビを見ながら、家事の合間に...
ちょっとの時間で自分で出来るマッサージです。

■右手で左肩のこっているところを押しながら左肩をまわす

■両手の平をこすり合わせて温かくしてから鎖骨の下をなでたり、温めたりする。

■指と指の間(付け根)をよく揉む

■両手の指を組んで手のひらを後頭部に当てる。そのとき親指が当たるところが天柱というツボなのでそこを押しながら首を後ろに倒す。

■伸びをして体を左右に倒す



知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 肩こり
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。