腰痛by東洋医学

東洋医学では腰痛は痺症、労損、挫傷などと呼ばれています。
痺れが出たり、使いすぎたり、突然の痛みがあることからこのような字が当てはめられていると考えられます。

また、「腰は腎の府」という言葉があり、腎(生命力)が衰える=老人になると表面に現れる症状として腰に問題が出ると思われていたようです。




知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 腰痛
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。