ぎっくり腰になったらどうしたらいいの

1.まずは安静です
  痛みは体の防御反応でもあります。
  また、急性腰痛の時には炎症を伴っていることが多いので動くということは傷口を広げているようなもの。
  トイレに行くのも最小限にして楽な姿勢でゆっくり休みましょう。
  この時期に頑張って鍼灸やマッサージに行かれる人もいますが、少し痛みの落ち着いたころが最適と思います。

2.冷やす
  腰痛と聞くと温める人が多いのですが前にも言いましたように急性腰痛は炎症です。
  しっかり冷やしましょう。
  湿布を貼る人も多いようですが、ここは氷のうなどで15分ほどしっかりと!
  冷えすぎるようでしたらタオルの上から。
  冷やすことで炎症を最小限に食い止めます。
  2〜3日は冷やしたほうがいいでしょう。
  その後は冷やす、温めるは気持ちのいいほうを選んでください

3.お風呂はダメ
  2.と同じ理由です。安静が基本ですが、どうしてもの時はシャワーにしてください。

4.コルセット
  安静に!といってもどうしても仕事が休めないという人もいるでしょう。
  コルセットをすることで筋の動きが制限され悪化を防ぎます。
  いつまでも装着していると筋肉が弱ってしまうこともあるので頼りすぎないことも大切です。

知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 腰痛
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。