注意が必要な腰痛@

安静時痛、夜間痛の著しいもの
 内臓の痛みは内臓そのものの痛みとして感じるのではなく、背中や腰の痛みとして感じることがあります(関連痛といいます)
 特にどんな姿勢を取っても痛みが和らがない安静時痛や夜寝ていて寝返りを打ったわけでもないのに痛む夜間痛が著しいときには、内臓の疾患が隠れていることがあるので注意が必要です。

注意が必要な腰痛@ A B C D




知って治そう!自分のからだ トップページへ戻る
posted by N at 00:00 | 腰痛
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。